首コリの解消法

2017年3月28日(火)

首の痛みやこり、原因としてはデスクワークや普段の姿勢の悪さから痛みを起こしているのがほとんどです。

今回は首の痛み、こりになりにくい日常生活で行える予防法をご紹介します。

まずデスクワークなどでパソコンを打つときなどに猫背の様な姿勢が続くと、モニターを見る時に首を後ろへ反らすことになる為、首の負担が増します。こうした姿勢を避けることが大切です。

また、同じ姿勢で仕事をしている人は1~2時間に1回、休憩がてらに体を軽く動かすと良いです。肩を上下させたり、ひじを引っ張ったりして首などの筋肉を伸ばす運動がお勧めです。

そして休憩しているときは首をゆっくりまわして運動をしましょう。
長時間の同じ姿勢は血流が悪くなります。血流が悪くなれば、首の痛みから肩こり、腰痛にまで悪化してしまいかねません。


首の痛みを防止する正しい姿勢は、垂直の姿勢です。
背筋をまっすぐ伸ばした状態の姿勢を維持していれば、首の痛みを防ぐことができます。
座っているときはもちろん、立っているとき、歩いているときも理想的な姿勢を心がけてください。

当院では日常生活で予防できる姿勢、状態もお伝えしています。

本日はブログを読んでいただきありがとうございます。