リウマチの症状と原因

リウマチの症状

当院には、リウマチで来院される方が非常に多くいらっしゃいます。リウマチの改善も整体院癒楽里の得意な分野です。

ra_01.png

癒楽里には以下のような症状やご希望を持ったリウマチ患者さんが多く通われており、改善されていっていらっしゃいます。

  • リウマチ発症の初期段階で、あちこちの関節が痛くなり始めている方
  • 杖や車いすに頼らず、自分の足で歩きたいと思っている方
  • 絶対に手指や関節を変形させたくないという方
  • これから妊娠出産を考えている方
  • 副作用で強い薬が飲めない、または飲みたくない方
  • 薬と平行して治していきたいとお考えの方
  • 薬だけに頼る治療はしたくないという方
  • 高価な注射や点滴の治療は避けたいという方
  • 薬で何とか痛みは抑えられたが、関節の可動範囲を広げたいという方
  • 病院でのリハビリは痛くて耐えられないという方
  • 既に人工関節の手術を受けたが、もう手術はしたくないという方 など

リウマチの原因

「自己免疫疾患」、リウマチはこのように言われています。
たしかに、本来ならば、外から入ってくるウィルスなどに対して働く自分の免疫が、自分自身の体に作用してしまうために、痛みや腫れ・関節の破壊などが起きてしまいます。
これはあくまでも結果であって、原因ではありません。
リウマチの原因というのは未だ特定はされていませんが、遺伝子やウィルスというものの他に、ストレスや疲労が大いに関係があることが分かっています。
つまり、リウマチとは、「究極の疲労状態」とも考えられています。

あなたもこのような状況ではありませんでしたか?
長期間このような状況が続くと、当然のことながら、疲労はピークに達します。肉体は何とかこの疲労状態を解消しようと、睡眠や栄養の摂取で補おうとします。しかしそれでも解消できなかったり体のサインに応えられずにいると、脳は更なる指令を出します。

「もう動かさせない」

それが、筋肉のこわばりや炎症となって様々な関節に出ることとなります。そして更には、関節の破壊です。関節を破壊し、その後一つに固めてしまえば、もう動きません。こうなると、その関節はこれ以上侵されません。動かさせないという目的の完了です。

事実、動かなくなった関節は痛みが無くなっていきます。
(筋肉がこわばりすぎて動かないのはこれとは違います)


ならば、どうすれば良いのか?・・・・・ → リウマチの改善法とは