お水の重要性

2022年6月28日(火)

こんにちは!整体院癒楽里です!!!

本日は、お水の重要性についてお話します♪

ブログ画像

まずお水の役割とはなにか。
私たちの身体の約60%は水分といわれています。
ですので生きるために水は必要不可欠なのはわかると思います。

飲み物、食べ物から口に入った水分は腸で吸収され、血液などの体液として全身に巡ります。
そして栄養素や体内の老廃物を運んだり、体温を一定に保ったりする役割もあります。
また血液の流れを円滑にするのも、水の重要な役割なのです。

ブログ画像

人間は食事からも水分を摂取していますが、
飲み水として最低限の必要量があります。
飲み水として必要な量は、1.5ー2リットルになります。
またタンパク質や炭水化物、脂肪などの代謝によっても体内で水が作られます。
ただし、たくさん運動したり暑い環境で過ごしたりする場合は、通常より多く汗をかくため、
その分、水分補給量も多めにするなど、状況によりある程度の調整をすることが大切です。

そしてなんとお水をたくさん飲むとやせるとも言われています。
水をたくさん飲むと、身体の代謝をスムーズにしてくれる効果が期待できます。
代謝とは、食べたものから必要な栄養素を取り、不要なものを体外に排出するという一連の流れです。

栄養の運搬、老廃物の排出は血液によって行われます。
血液の半分以上を占める血しょうは、約9割が水分なのです。

ブログ画像

そのため水分不足になると血流が悪くなり、代謝が正常に行われなくなってしまいます。
代謝が悪くなると、体内に老廃物が溜まりやすく、汗もかきづらくなり悪影響です。
適切な水分補給をすることが、このような事態を予防しやすくするのです。
このことが、水を飲むとやせると言われる理由の1つとなっています。

最近はとてつもなく暑くなり、まだまだ気温が上がっていくと思います。
十分に水分補給をしてしっかりと水分不足を避け、生活を心がけてください。