強い刺激は身体に逆効果

2016年10月12日(水)

こんにちは。

今日はとても爽やかな日で過ごしやすいですね。

本日のブログは当院の施術方法を少し書かせていただきます。

整体院、治療院などはマッサージや強い刺激、場

所によってはボキボキすることを施術で取り入れ

るところが多いです。また、そのようなイメージ

を持たれている方も多いんではないでしょうか?

筋肉は強い刺激を与えたり、痛みを与えたりする

事により、さらに固くなったり、身体が委縮して

まい痛みが増悪してしまうケースが多々あります。

想像してみてください、、、

痛くて、つらくて、困ってて患者さんは来られます。

そこでの施術が痛みを伴わせたり、強い刺激を与えたりしてよくなると思います??

改善したとしても、患者さんの心理状況は痛みや強い刺激を与える院との印象の方が強いと思うのです。

部位によっては強い刺激も必要なケースが勿論ありますが、殆どの筋肉は弱い刺激や圧ですごく柔らかくなります!

ですので筋肉を緩めるにあたり強い刺激は必要ないのです。

当院の施術は一切そのような手技は行わず、身体に負担、痛みを与えないように痛み、筋肉の凝り、はり、歪みなどを調整させていただきます。

身体の事でお困りの方はご相談ください。

本日もブログを見ていただきありがとうございます