胃の不調

2022年4月27日(水)

こんにちは!整体院癒楽里です!!!

本日は、胃についてのブログを書きたいと思います♪

みなさんは胃の不調を感じることはありますか?

ブログ画像

夏バテと関係していることも多く、倦怠感や下痢などの症状が同時にあらわれることがあります。
暑さや食生活や睡眠などの生活習慣が原因など、原因はさまざまです。
これからどんどん暑くなっていくので生活習慣を見直し、胃の不調の対策をしていきましょう。

胃の不調にはさまざまな感じ方があります。
代表的なものは食欲不振 、胃痛、胃もたれ、胃がムカムカする、吐き気などです。

胃の症状をはじめとしたさまざまな症状があらわれることがあります。
暑さからくるさまざまな症状が胃の不調以外にも、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎など、
1年を通じて胃の不調から疾患につながることもあります。

ブログ画像

深い関係性のある夏バテとは、夏の暑さに身体が適応できずに、自律神経の乱れることをいいます。
自律神経は交感神経と副交感神経があり、2種類の神経が働くことで、体温を一定に保っています。
この体温を調節するうえで重要な役割を担う自律神経が、暑さのせいでうまく機能できずに働きが乱れ、
体温調節バランスが崩れることで、胃の不調をはじめとした体調不良を引き起こすと考えられています。